件数が多い借金をまとめるか債務整理をするかの判断

件数が多い借金をまとめるか債務整理をするかの判断

おまとめローンをすべき人、すべきでない人

借金が増えすぎて困った、その中でもとりわけ消費者金融からの複数の借金で困っている方は、債務整理の方法の一つとして、「おまとめローン」を検討してみましょう。

 

しかし、借金で苦しんでいても全てのケースでおまとめローンをすれば解決するわけでなく、かえって首を絞める結果にもなりかねません。そこでここでは、おまとめローンをすべき人、すべきでない人を紹介します。

 

 

おまとめローンをすべき人

おまとめローンをすべき人は、消費者金融から少額の複数の借金を抱えている人です。

 

消費者金融でお金を借りる人の中には、銀行ではお金が借りられなかったために消費者金融に流れてきた人も少なくありません。消費者金融でも審査は避けて通れませんが、できるだけ審査を通りやすくするために限度額を低く設定する人が多いです。

 

しかし、消費者金融の金利設定は、限度額が低ければそれに反比例して金利は高くなりますので、結果的に借りられなくて困っている人ほど限度額を低くして高金利で借りているケースが多いです。

 

それでもまとまったお金がほしいので、複数の消費者金融から限度額を低く設定して融資をしてもらいます。これらの複数の借金をおまとめローンによって一本化すれば、金利は大幅にダウンして利息の金額も大幅に減少することが期待できるのです。

 

おまとめローンをすべきでない人

逆に、おまとめローンをすべきでない人は、ヤミ金からお金を借りている人です。

 

貸金業者の中でもヤミ金は、異常なほどの高金利で融資をしています。一見すると、おまとめローンで一本化すればかなりの利息ダウンが見込めるのですが、ヤミ金の借金におまとめローンは利用すべきではありません。

 

ヤミ金からの融資は、そもそも法律違反の高金利で貸し出されている融資ですので、返済の必要がありません。それを、わざわざおまとめローンを使って手間をかけてまで返済しようとする気を起こすのが無駄というものです。

 

おまとめローンなどを使わなくても、弁護士や司法書士などに闇金相談と対応の依頼をしてヤミ金と直接交渉をしてもらえば、借りたお金の返済をする必要性は全くありません。

 

しかし、ここで変におまとめローンをしてヤミ金からの借金も一本化して返済する形にすると、本来返済する義務のないものにまで返済することとなり、仮に返済後に気づいて返還請求を起こしたところで旗色は悪くなるばかりです。

 

金利が異常に高いヤミ金からお金を借りている人は、おまとめローンの前に弁護士などに相談しましょう。

 

依頼をする前に相談をする

債務整理を行う、闇金問題の解決を依頼をするなど、弁護士に手を売ってもらう際には、まずは相談から始めることとなります。最近では多くの弁護士事務所で相談は無料としているので、依頼の前にしっかりと話が聞けるようになっています。

 

どのような手続きで進むのか、用意すべき書類や何か準備が必要なのかなども事前に確認ができ、債務整理は内緒で進められるのかなども聞けるようになっています。

 

多くの弁護士、または司法書士は借金問題を秘密厳守で解決につなげてくれるので、家族や会社に知られないままで債務整理を行うことが可能です。ただ、そのためには内緒にしたいと伝える必要もありますので、債務整理の相談をするにあたっては基本的な情報を借金が返せないときの相談先で見ておきましょう。

サイトマップ